読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

奇妙な偶然の一致…

海外 小説のネタに…

スポンサーリンク

目次(文字数:2000文字前後)

奇跡は意外とあふれてる!?

f:id:marukudo:20160730070626j:plain

こんな記事を見つけました… 

20の歴史的な偶然の一致

www.lifebuzz.com

偶然な出来事って自分の周りでは、なかなかめったに起きませんけど、

世界にはこれだけ人がいるので、寄せ集めるとかなり多いことがわかりました!

 

今回は、上記記事の中から「奇跡に近いような偶然の一致」をいくつか紹介したいと思います!!

 

それではまいります!!

 

ジェームズ・ボンド

f:id:marukudo:20160730054719j:plain

1990年、イギリスで「ジェームズ・ボンド」という学生が受験をしたが、

その受験番号は「007」であった。

 

なんか出来すぎな感じもしますけど、そもそも「ジェームズ・ボンド」と名前をつける親もどうかと思いますが…

でも「007」の番号が来たときはビックリしたでしょうね!!

生まれ変わり?

f:id:marukudo:20160730054747j:plain

エンゾ・フェラーリはフェラーリ社の創始者で、1988年に亡くなっている。

メスト・オジルというフットボール選手は1988年に生まれている。

 

めっちゃ似てますね…

しかも生没年が1988年で一致してるのが何とも…

個人的に生まれ変わりは信じてないのですが、輪廻転生ってあるのかな?

と、考えを改めそうになってしまいます…

 

神の思し召し?

f:id:marukudo:20160730054732j:plain

1950年代、ネブラスカのある教会で爆発事件が起きた。

その日は聖歌隊の練習日であったのだが、15人のメンバーは全員個々の理由で時間に遅れたために難を逃れたのだった。

 

個々の理由で遅刻して15人が無事に助かったのは、奇跡としか言いようがないですね…

ただ、ひねくれた見方をすれば…

爆破の犯人はその15人だった!!!

と考えることもできなくはない様な気もする今日この頃です…

(↑陰謀論好きな人…)

 

双子の共通点

f:id:marukudo:20160730060510j:plain

オハイオ州ではある双子が、お互いの存在を知らされずに離ればなれで暮らすことになった。

彼らは里親から「ジム」と名づけられ、二人とも「警察官」となり、

「リンダ」という女性と結婚している。ペットの犬には「トイ」と名づけ、二人の息子の名前は「ジェームズ」である。

最後に、彼らは二人とも離婚しており、「ベティー」という女性と再婚している。

 

双子ってよく生活スタイルも似てるなんて話も聞きますが、ここまで一致しているのはスゴいですね!!

調べてみたら、双子はDNAも全く同じなのだそうです…

なので、思考・行動パターンも似てくるのは必然なのかも知れません。

 

予言?

f:id:marukudo:20160730054832j:plain

エドガー・アラン・ポーの小説「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語(1837)」は南極探検での悲運を描いたものである。

場面の一つに、4人の生き残りがやむを得ず一人の給仕係「リチャード・パーカー」を殺して食べることを決断するシーンがある。

1884年、ミニョネットで実在の船が沈没し4人が生き残ったが、彼らもまた生きるために給仕係を食べることを決断する。その給仕係の名前は「リチャード・パーカー」と言った。

 

なんとも、悲劇としか言いようがないのですが…

この小説は、エドガー・アラン・ポーさんが未来の予知夢を見て書いたりしたんですかね?

 

同姓同名同経歴?

f:id:marukudo:20160730054847j:plain

二人の女性が誤って同じ社会保障番号を与えられてしまった。

彼女達はどちらも「パトリシア」と言い、1941年3月13日生まれだった。

どちらも父親の名前が「ロバート・キャンプベル」で、美容整形を学び、簿記の仕事に就いていた。

 

ここまで一致していると、間違われても仕方がないと言えます。

こういう方もいるんですね…

 

世にも珍しい衝突

f:id:marukudo:20160730054905j:plain

1895年、オハイオ州にたった2台しかない車がお互いに衝突してしまった。

この事故により、オハイオ州には車が存在しない期間が存在した。

 

その州にたったの2台が事故って、たぶん当時の新聞なんかには

いろいろと取り上げられたかも知れませんね…

 

時代を超えたお隣さん

f:id:marukudo:20160730054940j:plain

二人の音楽の巨匠、ジミ・ヘンドリックスとジョージ・ハンデルは200年という時代を考えなければ「お隣さん」だった。彼らはロンドンのブルックストリートの23番地と25番地に住んでいた。

 

200年を考えなければ…って無理がある思考ですけど、でもその近辺は音楽的に優秀な家系が住んでいたんでしょうね…

 

9.11?

f:id:marukudo:20160730055003j:plain

2001年の9.11事件が起きる前、「ジョニー・ブラボー」というアニメで、ニューヨークのビルが燃えさかるポスターが表示されている。

 

もうあの凄惨な事件から、15年も経ったんだなあ…

と、時の早さを感じてしまいます…が!

上の画像のポスター、よく見ると「Coming Soon」とか書いてて

ちょっとゾワっとしてしまいます…

 

まとめ:奇跡の可能性は0%ではないって事だよね?

いかがでしたでしょうか?

世の中にはこんな奇跡みたいな偶然がありふれているんですね!

 

個人的は、なかなかこんな経験はないですけど、

嬉しい奇跡ならばいくらでも歓迎です!!

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます)

偶然の産んだ駄洒落

偶然の産んだ駄洒落