まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

忘れ去られた武器「アパッチ・ナックルダスター・」とは!?


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…

「アパッチ・ダスター」がイカしてる!

www.ebaumsworld.com

銃や剣と言った武器というのは、暴力兵器の一面もあるのですが、

なぜか心惹かれませんか?

特に男性の方なら、このロマンをわかって下さる方も

多いのではないでしょうか?

 

個人的にはFinal Fantasy VIIというゲームの主人公「クラウド」が、

使用している「バスターソード」という剣がかなりカッコよくて好きですね…

f:id:marukudo:20180112222441j:plain

体型的にあまりふさわしいと言えない大きさの剣を

軽々と振り回して使いこなしてる感じがイイんですよね!

あ、これはベルセルクの主人公「ガッツ」にも言えますが…

と、フィクションの話は置いといて…

 

現実の世界でもこれまでに、様々な兵器が開発され進歩してきましたが、

そんな歴史の過程においては

「過去へと忘れ去られてしまった武器」

というのも存在しています。

 

今回は、そんな忘却の彼方にある武器の一つ

「アパッチ・ナックルダスター」を紹介いたします!

 

↓コチラの動画で実物が見られます。

いかがでしょうか?

この「アパッチ・ナックルダスター・」は1869年頃、

ベルギーで製造され、

1900年代初期には、フランスの犯罪組織が主に使用する様になったと言う事です。

第二次世界大戦中にも採用されたらしい事から、

およそ80年くらいの歴史を持っていると思われます。

 

この武器の最大の特徴は、

用途によって変形する!!

ここが、かなり興味をそそられる部分です。

 

「アパッチ・ナックルダスター・」トランスフォーム!

それではどんな形に変形するのでしょうか?

 

その1 メリケンサック

f:id:marukudo:20180112220051j:plain

金属部分の穴に指を入れて、

その手で相手を殴るという、かなり凶悪な格闘武器

「メリケンサック」、これが第一形態ですね。

めちゃめちゃ痛そうです…

 

その2 小型ナイフ

f:id:marukudo:20180112220248j:plain

収納されている刃の部分をシュッと取り出すことで、

今度は小型ナイフに変形します…

サックの部分が持ち手となり、万が一手を離したとしても落としにくい様です。

 

その3 小型拳銃

f:id:marukudo:20180112220507j:plain

最後はコレです…小型拳銃!

収納されていたトリガーを立たせて、

サック部分をグリップとして使います。

シリンダー(回転する弾倉部分)が含まれているので、

数発は撃てる様です。

 

銃としては、かなり簡易的な作りで、

弾が飛び出る銃身の部分も無いので、かなり飛距離は短いそうです。

ただし、殺傷能力はそれなりにあると言う事です。

 

注意点としては、簡易的であるあまり安全装置的なモノも無い様で…

ポケットに入れて暴発するのを阻止するために、

あらかじめシリンダーには弾を込めてない部分が必要です!

弾をギュウギュウにしちゃうと、いつ暴発しちゃうかわからないという、

いつでもロシアンルーレット状態と

なっているのです!!!

(↑それはそれでちょっと楽しいかも…?)

 

まとめ:実際には使いたくないけれど、ちょっとカッコイイかも…?

「用途に応じて変形させて使用する武器」って、

なんかこの言葉だけで、ワクワクしちゃいますね。

 

今ドキのアニメとかマンガでも、「変形する武器」って

かなり使われている気がします。

あ、仮面ライダーとか戦隊ヒーローの武器だって

めちゃめちゃ変形しますよ…アレ!

 

そんな夢のような武器が、もう100年以上も前にあったとは…

でも実際に使用されてたのかと思うと

かなりコワイですが…!!

 

変形武器は妄想やフィクションの世界だけで充分なんですけどね…

 

以上です… 

マインクラフト 変形武器「ダイヤの剣/ツルハシ」 FCW14

マインクラフト 変形武器「ダイヤの剣/ツルハシ」 FCW14