まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

絵画の災難…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…


Andrew Shannon is jailed for punching a hole through an £8 million painting Argenteuil Basin with a Single Sailboat by Claude Monet | Metro News

(800万ドルするモネの絵画にパンチしてぶち破った男を逮捕…)

 

記事によりますと

Andrew Shannonという49歳の男は

National Gallery Irelandに展示している

クロード・モネの絵画

「Argenteuil Basin with a Single Sailboat」を

観客達が見ている中

堂々とパンチでぶち破ったそうです…

 

絵画の価格はおよそ800万ドル…

日本円にして約9億7千万ですね…

 

彼は警備員に捉えられるまで

観客に怒鳴られながらも

絵画を傷付ける行為をやめなかったようです…

 

のちの裁判では

犯人は「事故だった」と主張していましたが

持ち物の缶には絵画を切り裂くカッター等が

入っており、明らかに意図的だと

すぐに有罪になっちゃいました…

 

それでは絵画を見てみましょう…

f:id:marukudo:20141207003534j:plain

こ…これは…

見事にブチ抜いてますね…

 

モネの絵は他にも

傷付けられてたりします…


オルセー美術館でモネの名画が傷つけられる、破壊行為の罰則強化検討へ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

 

 

また、有名画家の絵は

いろいろと災難にあってるようでして…


ピカソ等の名画7点盗難事件。なんと容疑者の母が「焼却」していた。被害総額は100億円以上にも。 - NAVER まとめ

 

f:id:marukudo:20141207004059j:plain

f:id:marukudo:20141207004229j:plain

上記2つの絵画はナント!

焼却されてこの世には存在しません!

 

盗んだ犯人の母親が

どうしようもなくなり燃やしたようです…

 

損害は100億円以上とも…

ヒエエエエエエ…

 

そもそも…

なんで絵画って

こんなに高いんでしょうね…?

 

もちろん、

それをノドから手が出るほど欲しい方が

2人以上いれば必然的に高くなるでしょう…

オークションみたいなもんです…

 

さらには、有名画家の絵はほとんどが1点モノと

言うのが大きいのでしょうね…

そしてその絵の価値を

10億円出しても惜しくないという方も

いるということですよ…

 

ただ…時々思うんですよね…

買う人は本当に

その絵の美しさにお金を出してるのか

その絵のネームバリューにお金を出してるのか

 

例えばの話なんですけど…

 

既に亡くなった有名画家のアトリエから

隠されてた絵画が見つかったとして

それが動物のフンの絵なんですよ!!

あ、なんなら人間のでも可です…

(↑やめろ…)

 

そして、その絵には

「この絵画、 "消化のノスタルジア" は

私が全勢力を込めて作った作品である…

おそらくはこの作品が私の遺作となるであろう…」

とプレミア必至のメモ&説明が添えられてるんですよ…

 

確かにその絵には

光の技法やら何やらの技法がふんだんに使われてて

色ツヤやら、リアル感やら全てが素晴らしく

何なら少し臭うんですよ!!

(↑まさか…本物…?)

 

見る人が見れば、確かにその画家の

最高傑作と呼ぶにふさわしい絵画だと判明するんです…

 

そうなったら…

この「動物のフンの絵」でも

10億以上出す人…いるのかなあ…

 

で、購入した方は

社長室の大広間に

デカデカとそれを飾り

毎日眺めてたりするのでしょうか…?

フンですよ!フン!

 

でも有名画家が描いたという

エッセンスが加わることで

それすらも美しいと感じることが

できるのかなあ…と…

 

そう考えると…

「価値観」とか「美しさ」って何なのか

ちょっとわからなくなりますね…

 

以上です…

 

知識ゼロからの西洋絵画史入門

知識ゼロからの西洋絵画史入門

 

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP 

f:id:marukudo:20140413234447j:plain