読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

宝くじに当たったのに、どん底を味わった人々…


スポンサーリンク

せっかく幸運をつかんだのに…!?

みなさんも宝くじを購入されたことが

1度や2度あると思います…

f:id:marukudo:20160120054652j:plain

私自身は直接買いませんが、

家族が、年末ジャンボを購入してるので

一緒になって外れる悔しさを

毎年味わっています…

 

どうせ当たらないんだから…!!

とは思っても…

「買わなきゃ当たらない!!」

という悪魔の誘惑に負けてついつい買っちゃうんですよね…

 

ただ…世の中には

そんな天文学的な低い確率をかいくぐり

幸運をつかんだ方が結構いらっしゃいます…

 

つい最近でも史上最高の金額をゲットされた方が

話題になってましたね…

www.sankei.com

3人の方が当選したので賞金は3等分される様ですが

それでも350億円ほどもらえるみたいですし

スゴイの一言ですね…

 

海外の宝くじなんかはスケールもケタ違いで

一攫千金なんて言葉じゃ足りないくらいの

途方もない金額をゲットされてるんですよね…

 

一夜にして大金持ちの仲間入りです…

もう、この先の人生はバラ色ですよ!!!

 

と…思いきや…この記事です…

宝くじに当選し、人生をムダにしてしまった12人…

www.ebaumsworld.com

実は…

宝くじに当たったが故に

人生が狂ってしまった方々も

多数いらっしゃる様なんです…

 

そこで今回は上記記事の中から

またとない幸運なのに不幸を味わった方々

を、何人かピックアップして

紹介したいと思います…

 

それではまいります…

 

若干16歳の大富豪!? 

f:id:marukudo:20160119202349j:plain

ヨーロッパのキャリー・ロジャースさんは、16歳の時に買った宝くじで

ナント!約280万ドル(約3.3億円)に当選!!

若くして大富豪の仲間入りを果たしました…

 

最初の内は家族を助けたいと言っていた彼女ですが…

自身の豊胸手術の費用に宛てたり、4500万円分ものコカインを購入したり…

暗雲立ちこめるようなお金の使い方をされていたようです…

更には4回ほど自殺未遂をされてたり…と

幸せとはほど遠い環境にあったようです…

 

現在、彼女は看護婦になるための学校に

通っているそうです…

 

不運…

f:id:marukudo:20160119202357j:plain

ジャック・ウィッタカーさんが宝くじに当選した時は既にお金持ちでしたが…

更に彼は約370億円の幸運を手にしました…

一括で現金の獲得を希望したため、134億円に目減りしましたが…

 

ジャックさんはその後、現金をパンパンに詰めたスーツケースで

直接購入した6400万円もの車を盗難されたり…

家族が薬物の過剰接収により死亡、さらにはその友人達からも訴訟されたり…

それでも何とか生活しているそうです…

  

やっぱこんな事もあるんだね… 

f:id:marukudo:20160119202407j:plain

2014年12月、ミシガン州に住む男性、アーサー・ニールさんは

宝くじで20000ドル(約234万円)を獲得しましたが

現在、彼は行方不明です…

 

家族が警察に話したところによると…

彼は行方不明になる直前に宝くじに当選していたそうです…

調査はされたようですが、彼が換金できたかどうかは

わかりません…

 

ただ…

彼の家は散乱し、ドアは開けっ放しになっていた…

と言うことです…

 

これ…超コワイ話ですね…

大金を獲得し、慌てて家を出て行ったのか

はたまた…それを狙う誰かに…?

恐ろしい…

 

これは…悲惨… 

f:id:marukudo:20160119202415j:plain

2015年12月、サンティアゴ・ガスカさんは

スクラッチくじで40000ドル(約470万円)を獲得!

 

しかし、彼は不法労働者であったため換金ができませんでした…

そこで彼は奥さんの同僚に12万円で換金するように頼みました…

その同僚は喜んで彼の言うとおりにしましたが…

そのまま全額を持ち逃げされています…

 

これって…犯罪ですよね?

その同僚さん…

でも不法労働という弱みがあるから

訴えられないのかなあ…?

 

つい先月起こった出来事なので

何らかの進展はありそうですけどね…

 

浪費 and 浪費… 

f:id:marukudo:20160119202421j:plain

ヴィヴィアン・ニコルソンさんは

夫が当てた約55億円をただただ浪費しました…

世界中を飛び回り、貯金と言うことも全く考えなかった結果…

2007年現在…彼女はもう一度職を探しています…

 

浪費 and 浪費(2回目)…  

f:id:marukudo:20160119202430j:plain

ライアン・マギーさんは高額当選者が起こしやすいミスを侵しました…

彼がユーロミリオンという宝くじで約100億円に当選した際、

すぐに3000万円のフェラーリを購入します…

が、幸せは長く続きませんでした…

 

彼の家は売りに出され、奥さんとも離婚…

ついには破産してしまいます…

 

2015年2月…彼はかなりランクの落ちる

フォードのフォーカスを運転しています…

 

たぶん、即フェラーリ購入とあるように

それ以降もお金を湯水の如く使っていったのでしょう…

 

今現在乗ってる車も

わりと高級っぽいですけどね…

 

まとめ…それでも一度くらいは味わってみたいよね…!!

こうしてみると…

大金をつかんだのに幸せになれなかった方々って

割と多いんですね…

 

一番目立つ原因はやはり「浪費」ですかね…?

使えば減っちゃうのは当たり前なのですが

金額が多すぎて無尽蔵にあると勘違いしちゃうのかも知れませんね…

 

あと、殺人とか盗難とかの被害にあう確率も高くなりそうだし…

地味に、麻薬などの「薬物」の誘惑も多いみたいですね…

売人の人なんかも

どこからか情報を聞きつけてくるのでしょう…

 

日本でも高額当選者の方は

お金の使い方のレクチャーを受けるみたいですし

それだけ人生が狂わされる事も多いという事かも…?

 

日本は金額こそ海外に比べて少ないモノの

それでもまだマシだと思うのは

メディアに顔出ししなくてもイイ!!

という点でしょう…

 

海外のように

メディアに顔出さないと金額が受け取れないって

「私達を狙って下さい!」

って言ってるようなモンでしょう…!!

 

お金を出す企業としては

本当に当選者がいるよ、という宣伝の意味も兼ねてるんでしょうけど

アレも不幸をもたらす一因になってる気もします…

 

と、いろいろリスクもありますけど…

それでも一度は味わってみたい幸運ですね!!!

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

宝くじ・その後

宝くじ・その後