まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

人生って素晴らしい!と思える写真

スポンサーリンク

目次(文字数:2400字前後)

 

人生、捨てたもんじゃない!と思える写真を紹介!

f:id:marukudo:20190113164553j:plain

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…

人生が素晴らしいと思える26の写真

www.ebaumsworld.com

人生、山あり谷ありとは言いますが、

どちらかというと谷の方が多かったりもしますよね?

 

それでも、時にはこの上無い喜びで満たされるような、

そんな場面に出会うこともございます。

 

それは別に、特別な出来事と言うワケでは無いのかも知れませんが、

人生って「あ、そんなに捨てたもんじゃないかも?」

と思わせる何かが意外と詰まってるモノなんですよね。

 

今回は、そんな素敵な瞬間を収めた画像を

上記リンクから少しだけ紹介したいと思います。

 

それではまいります!!

 

飼い犬と添い寝

f:id:marukudo:20190113153517j:plain

父は一晩中、飼い犬を落ち着かせるために添い寝している。

新年を祝う花火を怖がるからだ。

 

海外だと、新年を花火でお祝いする所も多いですもんね。

しかし動物たちにしてみれば、いきなり上空でドンドンと大きな音がすると、

ワケがわからずパニックになっちゃう事もありそうです。

飼い主であるお父さんが添い寝すると、犬も落ち着くのでしょうか?

信頼関係が成り立っているからこそできる事なのでしょうね。

 

3Dプリンターの意外な使い道

f:id:marukudo:20190113153528j:plain

盲目の母親のために3D超音波プリンターで出力された胎児の像。

これはスゴい!

 

「3Dプリンター」と言う言葉も聞かれるようになって久しいですが、

超音波を使って、胎内の赤ちゃんの人形を作り出すことができるとは!!!

目の不自由なお母さんも、自分のお腹の赤ちゃんの輪郭を

触って確認できるので、確かにコレはスゴいとしか言いようがありません…

 

父から息子へのメッセージ

f:id:marukudo:20190113153540j:plain

私の父は財布に気持ちを刻んでくれた。

 

息子へ

君が人生の旅路をどの様に歩もうとも

私は君がずっと安全であることを願っている。

(人生を)楽しもう、でも家への帰り道は忘れてはいけないよ。

君の残りの人生に、ずっと私がいるとは約束できないけれど、

私の残りの人生、ずっと君を愛することは約束できる。

愛してるよ。

父より

 

こんなの…

こんなの…

泣けるわ!!!

どんだけ良いお父さんなんだよ!!

財布に言葉を刻んでいるのも、かなりオシャレ!!

これは息子さんの気持ちも引き締まりますよね。

 

お茶当番を決める方法

f:id:marukudo:20190113153553j:plain

私の両親は毎日、お茶入れの当番を決めるため、

ニンテンドー64のマリオカートをプレイしている。

それは2001年からずっと続いている。

 

これ、少し前にネットニュースになってましたけど、

未だにニンテンドー64ってのが良いですね!

WiiでもSwitchでもなく64!!!

2001年から18年間も続けているので、お二人とも相当上手な様ですよ。

もしも私が割り込んでいったら、毎日お茶当番になっちゃいそうです…

 

逃げろーーーー!

f:id:marukudo:20190113153603j:plain

掃除をする際の、動物たちの避難場所。

 

私もネコを飼っているので、

これ、わかるなあ…

掃除機を見かけるだけで、あっと言う間に逃げていくんですよね。

 

しかし、ネコ多いな…

何匹くらい飼ってるのでしょうか?

 

3年後の今日…

f:id:marukudo:20190113153615j:plain

3年前の今日、私は精神病棟に初めて入院した。

私は希望を失い、自分の人生が終わることばかりに取り憑かれていた。

そして今日、私は初めて看護婦の訓練生としてこの精神病棟に足を踏み入れる。

物事は変わる、永遠にそのままなんて事はないのだ。

 

これもまた、イイ話ですね!

きっとご本人じゃないとわからない様な辛い事、たくさんあったと思います。

それでもなんとか乗り越えて、同じ病院に看護婦として戻って来るとは…

患者さんとしての経験は、きっと活かされる事でしょう!

ぜひぜひ頑張って欲しいですね!

 

思い出の場所でプロポーズ!

f:id:marukudo:20190113153626j:plain

妻となる彼女へ、私達が大好きなコミックストアでのプロポーズ

 

後ろの棚の商品とか、なかなか面白そうなのが並んでるなあ。

きっとお二人にとっても思い出の場所なんでしょうね。

そこでのプロポーズかあ、イイですね!!

 

思い出のポケモンカード

f:id:marukudo:20190113153643j:plain

娘が4才の時、私は帰宅時、疲れすぎてとても彼女とは遊べない時があった。

そして彼女は私に1枚のポケモンカードをくれた。

私はそれを10年間、今も財布にしのばせている。

 

娘さんからプレゼントされたポケモンカード、

ずっと大事にしまってあるんですね。

ただ…

カード、かなりボロボロですけど…

そこがまた、肌身離さず持ってた感じがありますね。

 

この娘…できる!!

f:id:marukudo:20190113153656j:plain

私の娘のプロムの相手は、ネクタイの締め方を知らなかった。

でも彼は幸運ね。私の8才の彼女が結んであげてるんだもの。

 

8才の女の子でネクタイを結べるってスゴくないですか?

これは将来、いいお嫁さんになるんじゃないですかね?

彼氏、もうちょっとガンバレ!!

 

8年半後…

f:id:marukudo:20190113153708j:plain

6年生の時、彼女は私をダンスに誘った。私はおどおどしながらOKした。

約8年半後、私は彼女に結婚を申し込んだ。彼女は即座にイエスと言った。

 

自分からダンスに誘うなんて、かなり積極的な彼女だったんですね。

男性からのプロポーズにも、躊躇無くイエスと答える決断力の早さ。

おそらくは尻に敷かれる結婚生活ではあると思いますが、

ちょっと気の弱そうな旦那さんぽいので、ちょうどいいのかも?

 

まとめ:誰の人生にも素敵な瞬間は必ずある!!

いかがでしたでしょうか?

 

最近は嫌なニュースも多いですし、

毎日がハッピー!と、楽しく暮らしている方もなかなか多くは無さそうです。

 

しかし!!

ほんのちょっとでも、嬉しい事や楽しい事があると、

人はそれだけでも、もうちょっと頑張ってみようと思えるモノです。

 

何もしなければ何も変わらないのも事実。

私自身、少しずつでも楽しい事や面白い事を自分から増やしていければ、

人生もちょっとずつ違ったものになるかもなあ…と期待しつつ、

日々を過ごしていきたいと思います。

 

以上です…