まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

人生は一期一会だ…

スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

f:id:marukudo:20190119203114j:plain

人間、年を重ねてくると誰でも

「死」と言う形でお別れを迎えることもございます。

 

以前、私が勤めていた会社、と言っても

辞めて10年以上は経過していますけど、

最近、立て続けに二人の方が亡くなっていた事を知りました…

 

会社にいたときもそれほど話した事はなかったし、

もしもご存命だったとしても、全く関わる事のなかった人達ではあったけれど

「亡くなった」と聞けばそれなりにショックだし、

その方達の事を考えてしまう自分がいます。

 

一人の方は最近離婚していた様ですが、その後、間もなく亡くなっていた様です。

病気だったのか…それとも離婚直後と言う事で自暴自棄になって…とか

詳しい死因等は知る由もないのですが…

 

もう一人の方は病気が悪化して…との事でした。

実は何年か前に、その方を見かけた事があったのですが、

仲が良いと言うワケでもなかったので、特に話しかける事もなくそのまま過ぎ去ったのですが、

今思えば、それが最後の接点だったんですね。

 

このお二人の方々以外でも、お亡くなりになってた方って割といますね。

これから年を重ねればもっとでしょうけど…

 

個人的に一番心残りだったのが、当時、岩手で一人暮らしをしていたのですが、

青森に帰省する事になり、そこで知り合った友人に「寂しくなるなあ」と言われて、

「また会えるって!」と返してお別れしたことがあります。

 

それから1か月くらいしてから、共通の知人を通して彼が亡くなっていたことを聞きました。急性心不全だったそうです。

まさかそんな事があるのか?と…

「また会える」その言葉がウソになってしまった事が非常にショックでしたね。

 

人生は不思議なモノで、その時は何気ない時間だったものが、

後から思い返すと重要な意味があったりします。

人と人が出会うと言うのは、本当はモノスゴイ奇跡に近い事なんだよなあ…

「一期一会」と言う言葉があらためて身に沁みます。

 

話を会社の人達に戻しまして…

全く接点の無かったその方達は、どんな人生を歩んできたのだろう?

もちろん、もっと生きたかっただろうなとは思います。

かと言って、その人達の事を周りの方々に野次馬の如く聞き込みに行く、

と言うような気持ちは全くありませんが…

 

ネットで簡単にその人の人生を検索できたら良いんですけどね…

 

う~ん、せっかく久々に書いたブログ記事ですが…

こんなメランコリックな感じになってしまいました。

 

私自身、そんなに知り合いも多くないですが、

でも、せっかくのご縁があっての出会いがあったワケなので…

その繋がりは大事にして行きたいな、とあらためて思いました。

 

以上です…