まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

AppleがE-ink仕様のキーボードを開発中?


スポンサーリンク

目次(文字数:1520字前後)

これが21世紀のキーボードか!?

こんな記事を見つけました…

AppleがE-inkスクリーンを搭載した未来のキーボードを開発中?

the-digital-reader.com

記事によりますと、まだウワサの段階でしかないのですが、

Apple社がKindleの画面等で使われるE-ink技術を応用した

キーボードを開発中との事です。

開発が順調に進めば、Appleの純正キーボード「Magic Keyboard」に

搭載される可能性も高い様です。

 

E-inkを使ったキーボードのイメージ動画をご覧下さい

E-ink仕様のキーボードはSonder社という企業が先駆けとなっているようです。

そのイメージを理解するには、こちらの動画がわかりやすいと思います。

 

Sonder社のキーボード

いかがでしょうか?

頻繁に使うアルファベットの大部分に、E-inkのディスプレイが搭載されていますね。

普段は通常のキーボード配置が表示されてますが、

キーを押すことで、真っ黒になったり表示が変わったりと、

いろいろ変化が起こっています。

 

E-inkを使うことで何が変わるのか予想してみる…

キー部分表示が変わることで、いろいろな使い方がありそうなE-inkキーボード。

例えば、どういう風につかえるんでしょうね。

 

個人的に、こんな使い方があるのでは?というのを

少し考えて見ました。

 

1. ShiftキーやAltキーを押すことで表示が変わる?

大半の日本のキーボードは現在、こんな感じになってると思います。

f:id:marukudo:20161014140912j:plain

アルファベットの他にも、かな入力のためにひらがなが書かれていたりします。

一つのキーに様々な役割を与えているために、このように表記されているのですが、

かな入力を使わない人、逆にローマ字入力を使わない人にとっては、

ちょっとごちゃごちゃした印象になるのは否めません。

 

しかし、E-inkキーボードならば、使わない入力文字を表記させないことも

できちゃいそうです。

そうなると、一つのキーに一文字のシンプルで大きなキー表示になるので、

見やすいし、煩わしくなることも無くなります!

 

また、Shiftキー、Altキーを押した際にも「!」とか「&」等に変わったりするのは

かなり便利そうです…

 

2. ゲームでも表示が変わる!?

PCでゲームをする場合は、キーボードでキャラクターを動かすことも多いですが、

操作が割と複雑で難しい事もあるので、使うソフトによって説明的なモノがキーボードに表示されると助かりますね!

 

例えば、シューティングゲームなら「ショット」とか「ビーム」とか

書かれてたらわかりやすいですよね!

 

3. キーボードだけで特殊な遊びが出来る?

タイピングゲームや、音ゲー的なモノもひょっとしたら

このキーボードだけで出来るかも知れません。

 

押さなきゃいけないキーだけ表示されて、あとは真っ黒にもできるので、

タイピング練習には持ってこいではないでしょうか?

 

また、音ゲーなんかに利用しても面白いと思うんですけどね。

ただ、E-inkは表示速度が遅いので、そこは改良の余地がありますが…

 

4.  まさかの電子書籍も読める!?

このE-inkキーを利用して、電子書籍も読めちゃったりとか…しませんかね?

かなり読みにくいとは思いますが…

 

他にもキーボードの画面にSNSのテキストメッセージが流れて

モニター画面を見ずにチャットできたり…とか…

 

まとめ:予想しない使い方も出現しそう!期待大!!

E-inkの技術がいろんな所へ浸透して、こうした新たな使い方が生まれるのは

非常に良いことです!

 

実際に発売されるのはまだ先ではありますが、

今から楽しみですね!!

 

以上です…